ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
フォロー中のブログ

早稲田と慶応




早稲田と慶応がなぜ現代のように地位を高めたのか、それを歴史から紐解いていくこの本は非常に面白く読むことができます。

教師を輩出できない慶応。
経済界で弱い早稲田など。

歴史から見ると、なるほどなと納得する視点も多々あります。

今まで早慶の歴史についてあまり触れたことがなかったゴリ蔵にとっては、とても面白い本でした。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-08 01:14 | ブックス

トップを張るものの威厳

朝青龍が引退した。

圧倒的な強さを誇っていた横綱だが、結局のところ自らの行動で身を滅ぼした格好だ。
いい、悪いは賛否両論らしいが、自分はもっと早くにこうすべきだったのではと思う。

自分の立場を考えれば、周囲の目がある中で何をしなければいけないかは分かるはず。
何故、同じ横綱の白鵬には、そういう話がでないのか?
これでわかると思う。

横綱としての威厳、というより、トップを張るものの威厳。
周囲の目。責任。

自分は採用を担当していて、内定者にも「責任」を求めている。
守られている学生ではなく、一社会人として見られているということ。
それを自覚し、行動しなさいと説いている。

これができていないとするならば、強いからといって許されるものではない。
当然の結末なのでは、と思う。

一部で「外国人力士は」などと揶揄する声もあがっているが、そうではない。
それは、日本人が弱くなってしまったからに他ならない。
それを、外国人力士のせいにするのは間違いなくおかしい。

彼を指導する立場の人間達、周囲の人間も大いに反省すべきだ。
彼の言動や行動を戒めることはできたはずだし、やらなければならなかった。
それを放置していた責任は重いし、朝青龍本人に責任を押し付けるのはおかしい。

自分自身も反面教師として考えなければならない問題と思う。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-08 01:05 | スポーツ

リコール

トヨタリコール問題で思いっきり逆風にさらされている。

これは、何故だろう?

全て、原点を見失っていたこと。
そして、油断し、今の自分達にあぐらをかいていたことだと思う。

トヨタウェイの原点。
KAIZENであれ、モノづくりであれ、顧客第一主義であれ、ヒトづくりであれ。
今回の件は、すべて原点を忘れていたということではないのか?

世界的にも、信頼は失墜。
大きな批判を浴びている。

もしかしたら、赤字を出したときよりも信頼の失墜という意味では大きな打撃だ。
この信用回復は並大抵のものではない。

今こそ、トヨタの真価が問われていると思う。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-08 00:57 | トヨタウェイ

やってみせる

ユニクロ柳井さんの言葉。

「部下がついてこない」と嘆く若手管理職に向かって。

「誰よりも早く出勤し、事務所やトイレを掃除し、冷房をつけ、店員が出勤してくるのを待ちなさい。社員が出勤してきたら『おはよう』と声をかけ、一緒に店を良くして行きたいことをまずは態度で表しなさい」

「部下に『上司は自分たちのことを本気で考えている。この人についていったら安心だ』と信頼感を持ってもらうことが何よりも大切。その上で部下一人一人と話し合うこと」

人づくりの全てにおいての原点は、こういうことだと思います。

「信頼づくり」が「人づくり」である。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-08 00:08 | ビジネス

人づくりに「命令」はない

「相手が言うことを聞いてくれない」
そんな上司は山ほどいる。

「権限さえあればなんとかなるのに」

これでは、人は育たない。

仕事は権限や権力でやるものではない。
仕事は、現場の人たちに対する粘り強い理解と説得で進む。

これが、トヨタ流の人の育て方。

指摘するのは、まず現場を熟知し、信頼関係を築いたあとなのだ。

「自分が正しいと思うなら、相手を説得できるはずだ」


トヨタ流は、どうすれば現場の人たちに理解をしてもらえるか。
まずは、「人づくり」に腐心する。


「人が自分の言うことを聞いてくれない」
「提案が通らない」

こんなときは、周囲があなたの能力を認めていないと考えるべき。

「この人だったらいい仕事ができる」
「一緒にやりたい」
こういう他人の評価がなければ、前へ進めない。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-07 23:44 | トヨタウェイ

雷門

a0004154_20282680.jpg東京スカイツリーを見に行った後に、浅草へ。

とても風が強く、寒い日でしたが、雷門は大賑わい。

日本の情緒です。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-06 23:38 | ツレヅレ

スカイツリー【建設中】

a0004154_0362675.jpgゴリ蔵のオフィスからは、建設中のスカイツリー(墨田区押上で建設中)が見えます。

それを家内に話したら「見に行きたい」と。
よしということで、早速車を飛ばして行って来ました。

すごいですねぇ。しかし。。。
間近で見ると、とにかく高い。

a0004154_037574.jpgでも、、、なんとこれでも半分の高さらしい。。。

上を見上げれば首が痛くなってしまうほどです。


「Always~3丁目の夕陽~」で出てきた建設中の東京タワーを思い出しました。。。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-06 23:35 | ツレヅレ

マグロ!

a0004154_042178.jpg近所のスーパーサミットに買い物に行ったら。。。

「今日はマグロの解体ショー!!!」
と店員さんが大騒ぎ。

こんな機会は滅多にない。とミーハーですが整理券をもらって並びます。
整理券は「2番」。

早速解体が始まり、ほどなく注文を取られましたが、、、、。

思わず「中トロ」と。。。

せっかく新鮮な解体後すぐのマグロなんだから、「中落ち」「ほほ肉」「カマとろ」なんぞを頼めば良かったと後悔。。。

でも美味しくいただきましたけどね。
[PR]
# by gori1968 | 2010-01-31 22:41 | ツレヅレ

意識改革

これには、トップの人間がとことん拘るようでなければダメ。
信念を持って同じ事を言い続けること。
時にはやってみせること。

そうすれば、現場は「本気だ」と思うようになる。
少しずつ、変わっていく。

変わらないと嘆くよりも、変わるまで言うことが大事。
[PR]
# by gori1968 | 2010-01-31 10:48 | トヨタウェイ

悩力

”ヒトづくり”とは「考え抜く力」をつけること。

人間の”能力”にはそれほど差がなく、”悩む力”つまり”悩力”の差が、ヒトの差に繋がる。

”悩力”とは、”知恵を出す力”のこと。
たくさんの人間が”知恵を出す”ことで、その企業の力に差が出る。

この”知恵”は、困った時にほど多く出る。
危機的状況に追い込むことで、人間は必死に考えるようになる。

上司は、部下に難しいテーマを与え、困らせ、追い詰め、いい知恵を出させる。

上司は部下に「答えを教えない」こと。
最初から答えを教えると、人間は考えることをやめてしまう。
頭を使わず答えを求める人になれば、人は育たない。

上司には忍耐が必要。
答えを出すのは簡単。でも、部下からそれを引き出すには、答えを出さず、じっと耐えることが必要。
もちろん答えをすぐに出せば仕事の能率は上がるが、それでは人は育たない。

上司には「人を信じる」「人の可能性を信じる」ことが必要。
これができなければ、人は育たず、組織は育たない。
[PR]
# by gori1968 | 2010-01-24 13:02 | トヨタウェイ


リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧