ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
フォロー中のブログ

「何故」を考える

問題を考えるときに一番重要なのは、柔軟な頭を持つこと。

常識や規則にとらわれていると、その枠内の考え以上のものは生まれない。
当たり前にやっていることでも、必ずそれをやっている「理由」がある。
その「理由」が本当に正しいことなのか?
「何故」それをやっているのか?

それを考えることが問題解決では一番重要なことである。

自分はこれを「原点に帰る」と表現している。
全ての問題を原点に帰って考えることで、新しい発想が生まれる。

知らず知らずのうちに「常識」にとらわれていないか?
「当たり前」という固定観念に縛られていないか?

常に自身に問いかけ、「何故」を繰り返し考えることで、発想力は格段に豊かになる。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 22:36 | トヨタウェイ

批判家

悪い上司の中で良くあるのは、部下からの提案や議論に対して、思いつきで発言することだ。

部下「××を××するためには××したらいいと思います。」
上司「それは無理だよ。以前からやっているから。絶対××のほうがいい(思いつき)」
部下「じゃあどうしたらいいのですか。」
上司「それを考えるのが君の役割だろう」

完全に思いつきと責任転嫁をしている悪い例。

部下に仕事をやらせるということは、部下に権限委譲をしているということだ。
であれば、一番その問題について考えているのは、部下なはず。
そして、その部下を認めてやらせているのは、その上司だ。

部下に仕事を与えるということは、権限委譲とともに「信じる」ということだ。
これを信じられていないから、先ほどのような議論になる。

もちろん上司目線で軌道修正は必要だ。
だけれど、信じて権限委譲をしているのであれば、部下がやっていることは信じるべき。

そして、実は大事なのは上司は部下以上にその権限委譲した問題について考えるべきなのだ。
いい上司は、権限委譲したものを部下を上回るくらい知っていることが大事だと思う。

それができなければ、ただの批判家になってしまう。

部下に対して時には厳しいこともいうべきなのが上司だが、厳しいだけではダメ。
厳しいだけの上司は、部下のやっていることを受け入れる余裕がないから怒るのだ。
権限委譲していることに対してミスをしたりすると、それをカバーできるだけの裁量があれば、怒るだけではなくカバーできると思う。

昔の自分もそうだった。
余裕がなく、器が小さいが故に部下のミスに対して怒る。
上司はそれだけの器を持てるように努力すべきなのだと思う。

部下に指示をしたときには、上司も同じ指示を受けたものと考えて知恵を絞る。
そうすれば部下からの意見や相談に対して、思いつきではないきちんとした対案を示すことができる。
だから的確なアドバイスもでき、部下から信頼されるのだ。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 22:26 | トヨタウェイ

先輩の教え

自分は、色々な人に教えてもらい、指導を受け、ここまでこれた。
”先人の教え”とても大事なことだと思っている。

だから、諸先輩方の話を聞くのは大好きだ。

ただ、最近少し思うところがある。

今の時代、先がなかなか見えてこず、これからの時代がどうなるのか不安がたくさんだ。
そういう中で、諸先輩の中で、「昔はこうだった」と延々と話していただく方がいる。

確かに、諸先輩の経験はとても参考になる。
ただ、だからといってそれが今の時代に馴染んでいるかは分からない。

諸先輩方も一緒にこれからの時代を考えていただく経験豊富な一人だと考えている自分には「俺はこうしていた」「あの頃は良かった」という話を聞くにつれ残念に感じることがある。

よい知恵ややり方は、もちろんどんどん取り入れるべき。
ただ、それが時代が流れている中で本当に正しいのかは分からない。
冷静に時代と周囲を見ながら、ダメなら改善をするという姿勢が大事なのではないだろうか。

ふと振り返る。
自分もそういう風になっていないだろうか。

あるなぁ。。。
バブルの時代が良かったと思っている「バブル世代」だからなぁ。。。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 21:40 | ユウクンムクン

変化すること

ものごとは、決めたとおりになかなか動かない。だが、世の中には、決めたとおりに動かしてはいけないことがわかっても、なお動かそうとする無茶な人がいる。「計画通りにやるのがよい」「計画変更は恥ずかしい」と言うのだ。

先が完全に読みきれない以上、状況が変わればやり方も変えていくのが当然。
変化に対応できるように現場の体質を作り上げていくこと、自分自身の頭脳を柔軟に保つことこそ大切ではなかろうか。

大野耐一
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 21:28 | トヨタウェイ

基本

基本を徹底し、それを永久的に継続することが、体力増強に繋がる。
商売も、モノづくりも、ヒトづくりもそれは変わらない。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 21:20 | ユウクンムクン

形を持つ人が、形を破るのが型破り。形がないのに破れば形なし

無着成恭
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 21:18 | ユウクンムクン

夢をかなえるゾウ





トイレ掃除の話をしましたが、いい本です。

・やりたいやりたいと心では考えているけれど、できない。
・自分に自信がなく、なんかダメだと思っている。
・いつも考えているけれど、行動に移せない。

全部自分に当てはまるのですが、一つでもこれをやっていると、少し人生観が変わってきます。
騙されたと思って読んで、そして実践してみてください。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 14:41 | ブックス

トイレ掃除

まだまだ出来ていないが、最近時間があるときに「トイレ掃除」をやろうと思っている。

昔チャレンジしたことがあったのだが、やっぱり汚いのと、面倒くさい。
そんな思いが先行して、自分でも少し抵抗感を感じながらやっていた。

案の定、続かない。

少し古い本になるが、夢をかなえるゾウ
を読んだ。

それから、少し自分でも取り組んでみるよう努力している。

少し気持ちを変えて、「これをやれば何か見えてくるかも」。
そんな気持ちで取り組んでいると、結構楽しい。

ピカピカになっていくトイレを見ていると、気持ちがいい。

オススメします。

もし続かない人がいれば、起きて葉磨きの前にやるのが効果的。
歯磨きは日課になっているはずなので、強制的に順番を決めて、日課にしてしまう。
それを継続すると、何か見えてくるはずですよ。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 14:37 | ビジネス

企業は30年

「企業は30年」とよく言われる。
自分なりに考える企業の30年とは、「最初の10年は成長期」「次の10年は安定期」「最後の10年は衰退期」だと思っている。

一番大事なのは、「安定期」であり、この安定期にいかにチャレンジブルに「もっともっと」と考えていけるか。それが一番大事なことではないかと思う。

大概の企業は、この安定期で「次の30年」に向けた取組ができていない。
たから、「企業は30年」と言われてしまうのだ。

成長してしっかりと軸ができている優良企業のトップは、大抵は人格者が多い。
その人格者であるトップは、リーダーシップを取れても長くは30年。
30才で若くしてトップになっても、30年すれば60才。

その時期のポイントは、「後継者を育てること」。

企業を存続し続けようと考えるのであれば、後継者が必ず自らの意思を(全てではなくとも、取組姿勢として)伝承し続けられることが最も重要なことだと思う。

人間はエゴのかたまり。
だから、相当な人格者でない限り、自分が一番可愛い。

「後継者が育たない」
よくこんな言葉を耳にするが、それは「育たない」のではなく「育てない」のだ。
ヒトが育たない理由を、部下に求めてはいけない。
部下が育たないのを、部下のせいにして責任転嫁しているだけなのだ。

部下を育てるには忍耐がいる。
自分の思ったとおり動けないのがほとんどだ。

なぜか?

それは、「任せた時に何か失敗したら、自分が責任を持てる力がない」からだと思う。
だから任せられないのだ。

責任を取る力を持つためには、自分がより大きくなることが大事だ。
それをはしょっているから、部下に任せられないのだと思う。人間としての器の大きさを問われている。

焦らず、慌てず、口出しせず部下育成ができるか。
それがトップの人間の器だと思う。

自身の意思を伝承する後継者が出てきたら、その人間に任せればいい。
経験を積ませるのも大切な修行。
ヒトは経験で大きくなる。

松下幸之助は、自らでメッセージを発信し、部下に伝承することで、松下イズムを作った。
それに賛同し、自身で実現しようと思っている人間が多いからこそ、いまだにトップ企業でいられる所以だと思う。

トヨタも同じだ。
「教え教えあう」。先輩から後輩に仕事を教えるのではなく「理念を教える」。
この理念が通ずれば、必ず部下は育つ。

自分もそんな「人格者」を目指していきたい。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 14:27 | ビジネス

現状に満足しない

トヨタでは、よく「乾いた雑巾を絞る」という言葉を言われる。
濡れ雑巾を絞るのは当たり前だが、乾いた雑巾は普通の人間は”もう絞れない”と思う。

トヨタ流に言うと、「まだまだやるべきことはあるんじゃないか?できるんじゃないか?」ということ。

現状に満足せず、次を考える。
大概の人間は、一定のレベルまでできると「ああ良かった」と満足してしまう。
それでは、次の成長がなくなり、今は良くても必ずあとで後悔する。
時代はいつも、どんな時も(この不況で停滞していると思われるときも)流れて、そして向上している。
その時代のスピードに知らないうちに付いていけなくなっているのだ。

「もっとできるかも知れない」と知恵を絞り、悩むこと。
これが徹底できることが、伸びていく秘訣だと思う。
[PR]
# by gori1968 | 2010-02-11 14:15 | トヨタウェイ


リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧