ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
フォロー中のブログ

「物真似」に「付加価値」をつける

分からない、やってみたことのないことをやる場合、まず「物真似」から入ることは大事だ。
これが少なくとも仕事が軌道に乗るまでの間で一番大切なことだと思う。

これは、「物真似」をすることで、知らず知らずのうちに目標に対するベンチマークをする、ということに繋がるからだ。「物真似」をすることで自然と目標がはっきりとし、「物真似」の精度を上げていけばそれはその目標により近づくことを意味する。

問題はそこから。

「物真似」に「付加価値」をつけることを考えるのだ。

「物真似」が完璧に出来て、それに少しでも「こうしたらよい」と「付加価値」がつけられれば、それはベンチマークしていた目標を上回ることを意味する。

だから、新しいことをやるときに必要なのは、まず周りで一番近い目標を探すこと。
そして、その目標の「物真似」を完璧にこなすように努力すること。

そして、その物真似をやっているときに「なんか違うな」と思ったことを、自分なりにチャレンジしてみること。

そうです。これが「付加価値」なのです。

高い目標を持ったとき(大概は自分自身が高いと感じているだけなのですが)、「それを超えなければならない」と思うと、とても辛い。もちろん「出来ない」と思ってしまってもダメ。

まずは物真似から入ること。
これが一番大事な、自分の成長への近道だと思います。

そして、自分なりに「変えてみることにチャレンジする」。
これが付加価値なのです。そんなに難しいことではないですよ。
[PR]
by gori1968 | 2010-02-12 01:28 | ビジネス
<< 前を向く 「何故」を考える >>


リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧