ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
フォロー中のブログ

企業は30年

「企業は30年」とよく言われる。
自分なりに考える企業の30年とは、「最初の10年は成長期」「次の10年は安定期」「最後の10年は衰退期」だと思っている。

一番大事なのは、「安定期」であり、この安定期にいかにチャレンジブルに「もっともっと」と考えていけるか。それが一番大事なことではないかと思う。

大概の企業は、この安定期で「次の30年」に向けた取組ができていない。
たから、「企業は30年」と言われてしまうのだ。

成長してしっかりと軸ができている優良企業のトップは、大抵は人格者が多い。
その人格者であるトップは、リーダーシップを取れても長くは30年。
30才で若くしてトップになっても、30年すれば60才。

その時期のポイントは、「後継者を育てること」。

企業を存続し続けようと考えるのであれば、後継者が必ず自らの意思を(全てではなくとも、取組姿勢として)伝承し続けられることが最も重要なことだと思う。

人間はエゴのかたまり。
だから、相当な人格者でない限り、自分が一番可愛い。

「後継者が育たない」
よくこんな言葉を耳にするが、それは「育たない」のではなく「育てない」のだ。
ヒトが育たない理由を、部下に求めてはいけない。
部下が育たないのを、部下のせいにして責任転嫁しているだけなのだ。

部下を育てるには忍耐がいる。
自分の思ったとおり動けないのがほとんどだ。

なぜか?

それは、「任せた時に何か失敗したら、自分が責任を持てる力がない」からだと思う。
だから任せられないのだ。

責任を取る力を持つためには、自分がより大きくなることが大事だ。
それをはしょっているから、部下に任せられないのだと思う。人間としての器の大きさを問われている。

焦らず、慌てず、口出しせず部下育成ができるか。
それがトップの人間の器だと思う。

自身の意思を伝承する後継者が出てきたら、その人間に任せればいい。
経験を積ませるのも大切な修行。
ヒトは経験で大きくなる。

松下幸之助は、自らでメッセージを発信し、部下に伝承することで、松下イズムを作った。
それに賛同し、自身で実現しようと思っている人間が多いからこそ、いまだにトップ企業でいられる所以だと思う。

トヨタも同じだ。
「教え教えあう」。先輩から後輩に仕事を教えるのではなく「理念を教える」。
この理念が通ずれば、必ず部下は育つ。

自分もそんな「人格者」を目指していきたい。
[PR]
by gori1968 | 2010-02-11 14:27 | ビジネス
<< トイレ掃除 現状に満足しない >>


リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧