ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
フォロー中のブログ

勝って兜の緒を締めよ

ちょっと前の日経ビジネスに、亜細亜大学野球部総監督の内田俊雄さんの記事がありました。(すみません、このページのカテゴリー、パクリです。日経さん許してください)ということで、これからこのような"偉い人"のコメントを色々と考えていきたいと思います。

内田監督は、昭和53年からずっと亜細亜大学の野球部をみておられるようですね。東都大学リーグで13回優勝経験があるという名監督です。すごいですね。今でもお勤めなんですかね、三協精機製作所にお勤めになられている(いた?)ようです。

2003年度の亜細亜大学は、春のリーグ戦に優勝して、秋は最下位と、天国から地獄への厳しさを経験して、それを通して感じたことを語っています。彼は勝利の"質"について言及しています。つまり、勝っても、実体が伴っていない勝ちであれば、勝ちとはいえず、結果膿が溜まって、露呈してしまうという怖さを述べています。

つまり、勝っていても、それがラッキーなときもあり、勝ちが転がり込んでいる、そんなときには"慢心"が横行し、長続きせずすぐにボロが出てしまう。"慢心"せずきちっとひたむきさを大切にすることが大事だと。

確かに、勝っていると気持ちいいし、また精神的にも余裕が生まれる。でも、人間ってズルイ生き物だと思うんですよね。余裕が生まれると、いつの間にか気付かないうちにそれが"慢心"に変わる。つまり、心に"隙"ができるんですね。これが生まれると、ちょっとしたことで躓き、それからはドンドン転がり落ちてくる。

バブル崩壊の時の日本企業は、まさにそういうときだったのかも知れません。経営に携わったこともない人間が言うのもなんですが、そこに"慢心"はなかったのでしょうか?儲かっているから緩んでいたところは本当になかったのでしょうか?努力を怠ったところは?

しかも、それでふと気付くと、事態がまずい状況になっていることに気付くのです。今回のカネボウの件もそう聞こえてきますが、バブル崩壊後の企業倒産や危機は、結局同じことで、それが、爆発してしまう時期が違っていただけなのかも知れません。それが全てだとは言いませんが、要因の一つとして、企業だけでなく日本全体がそうだったのかも知れません。

確かに、ゴリ蔵もちょうどバブル崩壊の時期に入社し、今では考えられないけれど、入社前は内定企業に昼も夜も食べさせてもらっていて、それをするために行く気もない内定企業へのお断りを引っ張っていたり、拘束旅行といって二泊三日のバスツアー。現地につくと一万円渡されて「はい、自由に遊んできていいから」その3日間はただの飲み会。今から考えるとあり得ないし、甘かったなと自分でも反省しています。

"勝ってかぶとの緒を締めよ"という言葉がありますが、良く言ったものです。そのとおりですね。勝っているときこそ慎重になったり、周りを見渡したりして、きちっと見極められる冷静さと謙虚さが必要なのではないかと。"石橋を叩いて渡れ"昔オヤジがそう言っていたのを思い出します。ゴリ蔵はどちらかと言うと突貫小僧なので、そんな父親が嫌でしょうがいないときもありました。

ちょっと前に今期トヨタ自動車が経常利益1兆円を超えたときのインタビューで、副社長が謙虚なコメントをしていた、と新聞で読みましたが、その姿勢が大事なのではないかと思います。奢り高ぶらず、謙虚でいれる姿勢が。。。。
[PR]
by gori1968 | 2004-03-21 03:26 | ユウクンムクン
<< CoCo壱番屋 "野球"と... >>


リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧