ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
お気に入りブログ

参議院選挙、いよいよ来週。

2004年参議院選挙特集

さて、いよいよ参議院選挙、来週ですね。
各党とも力が入ってきていますし、世論調査も盛り上がってきているようです。


さて、僕の争点は、何度も言っていますが「戦争反対」です。
他にも、年金制度が今回の大きな争点になっていますが、やはり命の大切さはしっかりと考えたいと思っています。

しかしながら、未だ僕の心を揺さぶる党が出てきません。


やっぱり「多国籍軍への参加」。これが僕の中でひっかかっています。
北朝鮮やテロの脅威が顕在化した今、集団的自衛権のための憲法改正議論は100歩譲って考慮したとして、なぜ「多国籍軍」参加なのでしょうか?

未だ僕の中で納得したコメントが耳に入っていません。
どなたか、明確な理由を述べているような党の発言(他党の批判でなく、考え)を押してていただきたいものです。

少なくとも、日本が「イラクに行って」この集団的自衛権の行使と叫ぶ理由が良く分からないのです。「自衛」。日本にとっての「自衛」とは、イラクに行く事なのでしょうか?多国籍軍において、武装勢力にアメリカとともに対峙しなければならなくなったとき、日本は「自衛」として武力行使を行うのでしょうか?


アメリカとともに?


「自衛」って「日本が、日本の領土と国民を守る」ということではないのでしょうか?(自衛隊の人ももちろん国民ですが)軍に入っておいて「うちは中立国だから戦闘には参加しないよ」なんていえないですよね。そうなると、実体は「戦争参加」では?


日本の戦後はずっとアメリカ統治下にあったんだなぁ、というのを実感せざるを得ません。アメリカの面子のために、日本は多国籍軍に参加をさせられているのであれば、つまり、ブッシュの顔色をみつつ、参加せざるを得ない状況であれば、日本はまだ緩やかな占領統治下にあるのと何が違うのでしょうか?

そもそも、平和的憲法は、実体アメリカを中心とした連合軍が制定したもの。それを制定した国のために、憲法を改正しなければならないのでしょうか?
今回のイラクの暫定政権も、戦後の日本と同じように見えます。50年後、アメリカは平和的憲法を制定するイラクに対して、軍への参加を要請するのでしょうか?


原爆を日本に落としたのもアメリカ、平和的憲法を制定したのもアメリカ。
そして、日本を戦争に駆り立てているのもアメリカです。

もちろん、仕掛けたのは日本ですが。


確かに、今の日本における武力防衛は、アメリカなしでは生きていけないでしょう。北朝鮮問題が顕在化しつつある中、確かに日本は防衛強化を迫られています。しかしながら「守ってくれることを条件にアメリカに迎合する」のはいかがなものか。日本人はいつの間にかこんなにアイデンティティがなくなってしまったのでしょうか?

もしかして、、、そもそも戦後の日本人にアイデンティティは無かったのでしょうか?


戦争は、人殺しです。
そして、その人殺しが、英雄になれる場所です。


あり得ません。


アメリカがどうあれ、日本国民として戦争反対を主張しつづけるべきと思います。
軍事的行動でなく、違う形の協力はできないものでしょうか?自衛隊の派遣以外の協力は出来なかったのでしょうか?


北朝鮮が攻めてきたらアメリカがいなければ日本はたちまちやられる。
だからこそ、今はアメリカの言うとおりにしておく必要がある。


こうだとするならば、日本は従軍以下ですね。情けなくなってきます。


しかし、今日ふとニュースを見ていて思いました。
拉致問題について進展があり、北朝鮮との国交が再開されれば、日本にとっての脅威は和らげる事ができる。今は仕込みの時なので、公表できないが、水面下では親和活動が相当動いていて、北朝鮮との国交が樹立されるタイミングが、自衛隊撤退時期だとしたら?もちろん、脅威が去ったので、アメリカの軍事力を必要としないから。


もし、小泉さんがそんなシナリオで動いているとするならば、これは何としても小泉に一票を入れる必要があります。軍事勢力でなく、平和的友好を結ぶ努力をしている小泉だとするならば、僕は何も反対する理由はありません。

まぁ、アメリカの手前今は絶対に言えないコメントですが。。。。
[PR]
by gori1968 | 2004-07-06 01:23 | ニホンジン
<< 選挙 ライブドア vs プロ野球(ナ... >>


リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧