ゴリ蔵overview


ゴリ蔵参上!
by gori1968
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しながわ水族館!しながわ..
from しながわ水族館
しながわ水族館を100倍知る
from しながわ水族館
しながわ水族館推進室から..
from しながわ水族館
しながわ水族館ベスト
from しながわ水族館
しながわ水族館!おすすめ..
from しながわ水族館
しながわ水族館辞典
from しながわ水族館
しながわ水族館!知ってま..
from しながわ水族館
しながわ水族館どうでしょう
from しながわ水族館
しながわ水族館裏情報
from しながわ水族館
福士加代子さんって・・・..
from にゅーすの泉
フォロー中のブログ

実録・オレオレ詐欺その3

実録・オレオレ詐欺その1実録・オレオレ詐欺その2←まずはこちらから

いやいや、危うく200万円をままんまと騙されるところでした。
そして、実家に行くと、両親がとてもほっとした顔をして、僕を迎えてくれます。

僕が交通事故を起こしたなんて、若い頃前例あるし、色々と心配かけてきたから、本気にしちゃったんだろうなぁなんて思いながら、申し訳なく思ってしまいました。


被害はなかったとはいえ、とても気になるので、両親にも詳しく聞くことにしました。
ここから、とても巧妙になってきたオレオレ詐欺の手口があきらかになります。


ポチッと押してください



これは、両親から聞いた、9/10 午前中のオレオレ詐欺とのやり取りです。


9:30 ゴリ蔵実家宛に●●警察署(所轄警察です)交通課のタカハシマナブと名乗る人物
     より電話。

高橋 : 「ゴリ蔵さんの実家ですか?警察ですが」
母親 : 「はい。そうですが。」
高橋 : 「あの~落ち着いて冷静に聞いてください。実は、ゴリ蔵さんが、今日の8時17分
      に交通事故を起こしてしまいまして。」
母親 : 「えっ?。。。(絶句)。それで、、、怪我人とかは、、、、」
高橋 : 「実は、ゴリ蔵さんが左折をするときに、タカギレイコ(23)さんという女性を巻き込
      んでしまい、相手に怪我を負わせてしまいました。」
母親 : 「えぇっ!(母親、気が動転して、父親に電話を代わる)」
父親 : 「それで、どんな状況なのですか?」
高橋 : 「実はタカギさんは、お腹の中にお子さんを抱えている妊婦でして、お腹の子供は
      死んでしまったようです。タカギさんも病院に運ばれましたが、今まだ意識不明で
      頚椎を損傷しており、このままいくと半身不随にもなるかも知れません。」
父親 : 「えぇっ!そうですか、、、もっと詳しい事を教えてください。」
高橋 : 「私は警察の人間なので、なんとも言えませんが、今回の事故はゴリ蔵さんの不
      注意による事故で、全面的に過失があると思います。彼は事故起こしてすぐに逮
      捕されて、現在拘留されていますので連絡は取れませんが、詳しい事は弁護士
      から連絡があると思いますので、それで。」

ここで、警察の高橋と名乗る男からの電話は切れることとなります。
警察から相手の怪我の状況とかを知らせられるのもおかしな話だし、そもそも拘留されているんならなんで実家に連絡が行くのかってのもおかしな話です(まず自宅に電話が行くでしょう)。でも、両親は「事故を起こした」「相手は妊婦で、お腹の子供が死んだ」というキーワードで気が動転して信じてしまったらしく、疑う余地がなかったようです。

そもそも、ゴリ蔵は車で会社になって行っていないのですが、以前独身時代に会社に車で通っている事も多かったため、疑わなかったようですね。

すぐに自宅にいる家内に電話をすれば分かった話(自宅には一切そのような連絡は来ていない)なのですが、両親が家内に気を遣ったようで、まず詳しい事を聞いてから連絡をしよう、と考えていたようです。これがまずかったのですが。。。。


9:35 その電話の後すぐに、国選弁護人のナガイと名乗る男から電話が入ります。
     (もちろん、この人物は高橋と名乗る男とは別人)

ナガイ: 「国選弁護人のナガイという者ですが、ゴリ蔵さんのお宅ですか?」
父親 : 「ええ、ゴリ蔵の実家ですが。」
ナガイ: 「ゴリ蔵さんが交通事故を起こしまして。聞いていますか?」
父親 : 「聞いています。」
ナガイ: 「それで、これも聞いているとは思いますが、相手が妊婦で胎児が死んでしまい
      ました。今ゴリ蔵さんは逮捕されて拘留されており、会うことが出来ません。」
父親 : 「そうなんですか。(すっかりゴリ蔵とは連絡が取れないと思っている)」
ナガイ: 「実は、今回の事故は、かなり悪質な事故で、被害者の方は胎児を亡くされてい
      ることもあって、相当計が重くなる可能性があります。悪質なので、裁判が今日
      の11:00から始まり、何もしなければ実刑8年になる見込みです。」
父親 : 「そうなんですか。。。(明らかにおかしいところがあるが、すでに父親は動揺し
      て判断が出来ないほどだったと思います)」
ナガイ: 「そこで、ゴリ蔵さんの刑を軽くするには、"保釈金を積む"か"遺族の了承を得る"
      必要があります。遺族の了承とは、ゴリ蔵さんの罪を軽くする遺族の了解です。」
父親 : 「そうですか。。。」
ナガイ: 「一応遺族の了解をとるために先方と連絡をしてみますので、ちょっと待っていて
      ください。」
父親 : 「分かりました」


ここで、一旦電話が切れます。
なんか、こうみると明らかにおかしいですよね。そもそも、交通事故の場合、現場検証が行われて、いきなり弁護士云々の話がないまま当日裁判なんてあり得ない。まぁ、確かに悪質交通事故の法改正が行われてから厳罰になっていますが。

多分、両親は「悪質な」という言葉にニュースでもやっている法改正の話も頭をよぎって、信じてしまったんでしょう。このあたりになると、もう判断ができない状態ですね。


9:50 ナガイから再TEL。

ナガイ: 「被害者の了解が得られました。あとは保釈金です。」
父親 : 「そうですか。」
ナガイ: 「すぐに用意できますか?」
父親 : 「はい。どうすればいいですか?」
ナガイ: 「指定する銀行に振り込んでください。」
父親 : 「分かりました。」
ナガイ: 「11:00に裁判が始まってしまうので、その前でないとまずいです。とりあえず銀行
      に向かって、銀行に着いたら携帯に電話してください。」


とりあえず、両親はいてもたってもいられず、駅前の銀行に向かったそうです。
このときに本人に確認をするか、もしくは自宅にいる家内に電話をして確認をすれば一発で分かるんですが、「本人は拘留されている」という言葉を信じていたのと、家内には逆に心配をかけるので、一段落したら電話しようと思っていたそうです。

親心だなぁ。


ということで、次は、銀行に行った両親とのやりとりです
[PR]
by gori1968 | 2004-09-11 18:10 | オレオレサギ
<< 実録・オレオレ詐欺その4 実録・オレオレ詐欺その2 >>


リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧